東京 9月16日(月祝)体幹の評価とコンディショニング法 

¥19,800

この講座では、体軸が通った状態を確認するための「体幹の評価」を学びます。

体軸が通ると…
・ 体幹を中心とした運動ができる。
・ 関節の負担が減り、立ち疲れしにくくなる。
・ 肩や腰の不調に悩まなくなる。
・ 余計な力みなく、力強く動ける。
・ バランス能力が高くなる。
などの効果が得られます。


体軸が通るためには、体幹の環境を整える必要があります。
体幹の状態を確認する方法と整えるコンディショニング法を身につけることで、相手に体軸を通すことができるようになります。

在庫切れ

商品コード: 190916-tyo-conditioning 商品カテゴリー: , , ,

説明

[体幹を様々な視点から評価する必要性]

腹部機能や背骨の柔軟性は、本人の自覚がないまま低下していることがあります。
また、気をつけてトレーニングを行っても目に見えて変化が出ない時もあります。
そのため、体幹機能の低下が進んでしまうことがあります。

このようなことは、アスリートから高齢者までのほとんどの方のパフォーマンス低下や痛みの症状に関係しています。
ですので、体幹機能評価における背骨と腹部の評価はとても重要です。


[体幹機能に影響を及ぼす腹部と背骨の要因]

腹部と背骨の評価を行いたくてもその評価の仕方が分からなかったり、評価し治療をしても結果が伴わない時もあるのではないのでしょうか?
それは、様々な要因を知らないからです。

・腹筋や横隔膜などの筋肉による腹圧の影響
・胃や腸などの内臓機能と体幹の関係性
・呼吸機能と体幹の関係性
・背骨の弾力性
・骨盤と股関節の適合性
・体幹と四肢の連動性

など多岐に渡ります。
このように様々な視点から体幹の評価とコンディショニング法を学ぶことが出来ます。


[体幹と体軸の関係性]

体幹を強化することは、実は「体軸」の強化にもつながります。
講座ではまず「体幹と軸との関係性」を説明した後に、自分や相手の軸が100点中何点なのかを評価していきます。
そして、コンディショニングをした後に100点になったのかどうかを確認します。

100点になった、もしくは100点に近づいた状態での軸が通った感覚、姿勢や動きの違いを感じてみてください。


◆講義内容◆
・体幹の基礎知識
・体幹機能の評価方法
・動作からの体幹を評価
・内臓が腹圧に及ぼす影響
・背骨の歪みが体幹に及ぼす影響
・体幹のコンディショニング法
・軸と体幹の関係性
・あなたの軸の点数化


◆日時◆
全1日間
2019年
9月16日(月祝)
10:00~16:00


◆対象◆
・理学療法士、作業療法士、
・各施術国家資格保持者、整体等各セラピスト、セラピストになりたい方
・スポーツトレーナー、トレーナーとして活動したい方
・以前に「体幹の評価とコンディショニング法~胸郭-腹部編~」
または「体幹の評価とコンディショニング法~脊柱-骨盤編~」を受けている方


◆会場◆
体軸コンディショニングスクール
〒104‐0061
東京都中央区銀座6-4-8 曽根ビル8階(入口は外堀通り沿い)
http://metaaxis.co.jp/access.php

○東京メトロ各線 銀座駅
C2出口より徒歩3分
○JR 有楽町駅
銀座口・中央口より徒歩5分
○東京メトロ各線 東銀座駅
A1出口より徒歩7分
○JR新橋駅 徒歩7分


◆定員◆
20名(先着順)


◆価格◆
19,800円(税抜)


**以前に「体幹の評価とコンディショニング法~胸郭-腹部編~」
または「体幹の評価とコンディショニング法~脊柱-骨盤編~」を受講されている方は、

半額の9,900円(税抜)で再受講することができます。
対象の方は、下記のアドレスにその旨ご連絡ください。
tcs@metaaxis.co.jp


◆お持ち物◆
・動きやすい服装
・テキストデータ(講座のおおよそ1週間前に送らせていただきます)


【テキストについて】
*当日使用するテキストデータは、開催日の1週間前にお送りする案内メールで添付致します。
講義中すぐに確認ができるように印刷をお願いしています。
タブレット端末をお持ちですぐに確認できるようにしていただければ必ずしも印刷の必要はございません。


ご自身でご用意していただきます。
スクールでの用意はありませんので、あらかじめご了承下さい。


テキストデーターや講座の当日の案内は、下記のアドレスから送ります。
迷惑メールフォルダーに入らないように、登録をお願いいたします。
tcs@metaaxis.co.jp
taijikucs@gmail.com


◆講師◆
<藤田 昌宏>
理学療法士
JCMA認定体軸セラピスト
経絡ヨガインストラクター

幼少期より、空手、柔道、ボクシング、キックボクシング、ジークンドーと格闘技を趣味に持ち、空手、柔道は有段者、ボクシングはプロライセンスを持つ。
セラピストとして、病院勤務、整体院での施術を経験し、現在は訪問やデイなどで勤務している。その姿勢は、患者様の身体機能を根本から、確実に回復するにはどうしたら良いかを常に求めている。「これこそは、身体を真に回復させる方法」と思う様々な治療法や理論を勉強してるときに、高橋龍三氏(スクール代表)に出会い、師事している。
以降、体軸理論を取り入れ、人間の身体のメカニズムを解剖、生理、運動学的な観点と精神心理、東洋医学やエネルギー医学にまで含めて包括的に捉えた治療をしている。


◆講師◆
<山川公平>
体軸コンディショニングスクール 統括マネージャー
日本設定医療協会 認定体軸セラピスト

高校、大学、社会人でアメフト9年経験。
中央大学でアメフトをしている時に、右肩と両膝に大きなケガを負う。その自身の怪我がきっかけとなり、健康の重要性を実感する。都内でピラティスインストラクターとして活動している時に高橋龍三(スタジオ代表)に出会い、師事している。体軸理論を学び、施術・ピラティスをその理論のもと活動している。


・体軸ピラティス監修
・明治ZAVAS「知らず知らず筋」 協力
・体軸リハビリテーション レベル4終了
・basi pilates comprehensive TT
・全米ヨガアライアンス200時間取得(RYT200®)

◆講師◆
<田中 健夫>
フィジオスクール校長
理学療法士
JCMA認定体軸セラピスト

精通者からは「アナトミーの鬼」と評される。
一般企業に就職後に交通事故に遭い、リハビリテーションを受ける中で理学療法士の道を目指すようになる。
事故の翌年に退社後、理学療法士の資格を取り都内病院に勤務する。
臨床2年目にアナトミートレインの本に出会うが、臨床への応用に活かせずに悩む。
しかし、創意工夫の中で筋肉の近位部と遠位部の筋緊張の違いが姿勢や動作に影響を与えること、
手の筋緊張と脊柱の回旋との関係性に気づき、それがアナトミートレインとの深い関係性があることを痛感する。
その後、再びアナトミートレインにのめり込み、身体の部位・筋膜・全身の綿密な関係性についての気付きを更に深め、現在に至る。



◆キャンセルについて◆
詳しくはこちらをご参照ください。
https://shop.metaaxis.co.jp/cancel-policy/