【全1日】東京 7月14日 子宮体感アナトミー~女性のための~ RYT200®

  • 定価 ¥30,000(税別)
  • 販売価格 ¥17,000 (税別)
在庫 購入
在庫有り

あなたが悩むのは、子宮を体感することができないからです。

子宮は、女性であることの象徴ともいえる臓器であり、女性が持ち合わせている大切な存在です。
女性は、新しい命を宿し育てることができる身体能力を持ち合わせています。
この能力は、女性だからこそ備わる能力であり、男性がいくら望んでも手に入れることはできない能力です。

しかし、その子宮を体感できない、感じられないという女性が増えてきています。
子宮を大事に出来ないことは、自分をおろそかにしている、粗末にしているというです。
子宮を感じられなくなった女性は、女性性をなくしてしまいます。

子宮を感じられず、女性性を無くした女性たちは、日々悩んでいます。

・男女平等といいつつ、昇進できない仕事の悩み
・仕事もやりながら家事もこなさなければいけない家庭の悩み
・生理痛やPMSなその婦人科系疾患の悩み
・不妊の悩み
・晩婚に、妊活、離婚などの悩み

そんな多くの状況から、現代の女性は迷い、悩まされています。

では、どうすればいいのでしょうか。
それは、子宮を体感する、感じることをです。

これは、子宮の声を聴くのとは違います。
じんわりと感じることです。
「子宮が、そこにいる」ことを認めることです。
そこに子宮がいることを感じられると言うことは、子宮がいることを認めることができると言うことです。
子宮を体感することができるということは、自分を認識できるということです。
自分を認識できるようになると、自我も認識できるようになります。

しかし、その自我というのは、結局のところ自分あり、女性であれば子宮なのです。
だから、自分を知るには、子宮を感じる必要があるのです。

では、現実的に子宮を感じるためには、どうすればいいのでしょうか。
それは、子宮周りのインナーマッスルを使えるようになることです。
子宮の周りのインナーマッスルを使うためにはポイントを押さえる必要があります。
そのポイントをお伝えしていき、子宮を体感していきます。
子宮感覚を高めれば、月経血調整の上達にも繋がります。

子宮を感じることは、子宮が、そこにあることを体感すること。
子宮がここにあることを認めることです。
つまり、自分を認めることなのです。

子宮感覚を高め、子宮を体感していきましょう。

この講義時間について、ヨガの資格取得希望の方は、全米ヨガアライアンス(RYT200®)に充当されます。

◆講義内容◆

Day1

■子宮を体感することの必要性
・子宮を感じられない意味は
・子宮を感じる必要性
(月経血調整との関係、ホルモンバランスとの関係、女性の老化の関わり)

■子宮を解剖学で学ぶ
・子宮の型や場所について
・卵巣、膣の繋がりについて
・子宮の周りの臓器について
・子宮の病気、婦人科系疾患について
・子宮に関わる骨盤、骨盤底筋について

■愛し合うからだとは
・感じることができない理由
・緩めながら締めるカラダが感度を上げる
・体軸と性行為の関係について
・性感帯にある身体意識
・子宮を体感するために必要な身体意識について

■子宮を体感する
・子宮の場所の確認
・子宮体感力を確認する

■子宮ケアを学ぶ
・ヨガのポーズを行いケアする方法
・温めること、体温を上げる重要性を知る
・会陰マッサージの伝授

※この講座は、女性限定の講座となります。

◆対象◆


・女性限定
・現役またはヨガインストラクターをめざす方(RYT200®に充当されます。)
・体軸と子宮の関係を学びたい方
・子宮を体感したい方
・婦人科系疾患・妊娠・出産・不妊など女性特有の悩みを解消したい女性

*一般の方でもわかりやすい内容です。安心してご参加ください。*

 

◆日時◆

全1日間
2018年7月14日(土)
10時~16時

 

◆会場◆

体軸コンディショニングスクール
〒104‐0061
東京都中央区銀座6-4-8 曽根ビル8階(入口は外堀通り沿い)
http://metaaxis.co.jp/access.php
○東京メトロ各線 銀座駅
C2出口より徒歩3分
○JR 有楽町駅
銀座口・中央口より徒歩5分
○東京メトロ各線 東銀座駅
A1出口より徒歩7分
○JR新橋駅 徒歩7分

 

◆定員◆

16名(先着順)

 

◆価格◆

17,000円(税抜)

 

◆お持ち物◆

・動きやすい服装
・汗拭きタオル
・お飲み物
・筆記用具

 

◆講師◆


<太田 希>
体軸コンディショニングヨガスクール講師
体軸コンディショニングスタジオ ヨガスクールマネージャー

IT企業に勤務するが、ハードな仕事内容に体調を崩し子宮内膜症を患い、生理痛やPMSに悩まされたことがきっかけで、ヨガを始める。
ヨガインストラクターとして活動中に高橋龍三に出会い、師事している。
体軸コンディショニングスクールにて、女性のライフサイクルヨガ指導者養成講座を担当し、月経血調整ヨガや骨盤コンディショニングヨガを指導できるインストラクターの育成を行なっている。

・全米ヨガアライアンス200時間取得(E-RYT200)
・マタニティーヨガ指導者養成講座修了
・産後ママのためのヨガ指導者養成講座修了
・不妊治療のためのヨガ・セラピー指導者養成講座修了

close

閉じる

この商品のレビューを投稿する


閉じる